情報・通信業

恵比寿ガーデンプレイスの残業時間「ベンチャー企業は忙しい」

2018/5/10(木) 17:45~23:40 恵比寿ガーデンプレイスで働く人々をタイムラプスで撮影。 恵比寿ガーデンプレイスには、大企業というよりは、成長企業が沢山入っている感じ。成長企業らしく24時頃までガンガン働いていました。 コロプラ・クックパッドもこのビルに入っているのだけど、角度の問題で納められなかった。悔しい。
2018.05.22
コンサル・シンクタンク

大和総研の残業時間「部署によっては24時も超えて業務中」

2017/6/13(火) 18:45~00:00 大和総研で働く人々をタイムラプスで撮影。 夜遅くまで働いているフロアと、早めに電気が消えているフロアの差が結構激しい。 平均残業時間はデータでは少なめだけど、就活際には、行きたい部署の実質の残業時間を、ぜひOBOGに聞いてもらいたい
2018.05.20
行政機関

厚生労働省の残業時間「まず厚労省が労基法を守ることから始めてほしい」

2017/6/15(木) 19:05~23:15 厚生労働省・環境省で働く人々をタイムラプスで撮影。 23時になってもまったく、明かりが消えないです。こんなんじゃ、国家公務員になろうと思う人は少なくなっちゃうよ。 一回夜通し撮影してみたいと思います。
コンサル・シンクタンク

野村総研の残業時間「裁量労働制で残業代なし」

2017/6/12(月) 18:51~00:10 野村総合研究所で働く人々をタイムラプスで撮影。 深夜0時を回っても、電気が付き続いているフロアも有り。 また、裁量労働制のため残業代はなし。 深夜まで残業をしてるけど、残業代がでないのは結構つらいものがあるね。 ただ、平均年収が1000万オーバーというかなり高い水準。
情報・通信業

新日鉄住金ソリューションズの残業時間「こんな会社絶対入りたくないわ」

2017/6/9(金) 18:30~23:20 新日鉄住金ソリューションズで働く人々をタイムラプスで撮影。 23:20になっても電気は消えることない。激務ですね。かつ、2017年にはセクハラで管理職男性が女性契約社員に訴えられるという、絵に描いたようなブラック企業かなと、客観的にみると思いますね。 ただし、離職率が6.4%と低めなのは、不思議。忙しすぎて転職活動ができないとか?
サービス業

リクルートの残業時間「深夜まで働くレベルに、働くのが好きな感じ」

2017/6/1(木) 18:50~23:00 リクルートで働く人たちをタイムラプス撮影。 23時を過ぎてもほぼすべてのフロアが仕事中。 リクルート出身の企業(パーソル、LIFULL、マクロミル、リンクアンドモチベーションなど)が数多くあることからもわかるように、「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」の精神、社員皆経営者主義が根付いているのだろう。
情報・通信業

IBMの残業時間「23:20でも2/3以上は仕事中」

2017/5/30(火) 19:04~23:20 IBMで働く人々をタイムラプスで撮影。 23時半を過ぎても2/3以上は仕事中でした。SIer業界は激務とは聞いていたけども、実際に見てみるとこんなにも夜遅くまで働いているのだね。また就職四季報にもあまり情報が載っていなかった。就活・転職の時はVorkersなどで生の声を聴くのが重要か
2018.05.10
建設業界

竹中工務店の残業時間「22時の一斉消灯で一区切り」

竹中工務店で働く人々をタイムラプスで撮影。 22時が一区切りになって、多くの電気が消えてるのがわかる。建設業界はこんなに激務なのに、なぜ離職率が2.5%と低いのだろう。理由がなにかあるのだろうか。
商社

三菱商事・三井物産の残業時間「激務、不夜城、深夜タクシー」

2017/6/23(金) 18:15~23:10 丸の内は、三菱商事、三井物産、住友銀行、三菱UFJ信託銀行、東京海上日動などなど、日本を代表する企業が密集するエリアだけに、夜遅くまで働く人が多かった。
商社

伊藤忠商事の残業時間「健康経営銘柄にふさわしい企業」

2017/6/20(火) 18:30~23:00 伊藤忠商事と日本オラクルで働く人々をタイムラプスで撮影。 伊藤忠商事は、20時以降の残業を原則禁止としてるにも関わらず、大手商社の中でも高い売上高と利益を出している。伊藤忠商事は2016年、2017年と健康経営銘柄に2年連続で選出されている。