サービス業

サービス業

Google・メルカリ・ゴールドマンサックスの残業時間

■2018/10/1(月) 19:45~23:20 六本木ヒルズで働く人々をタイムラプスで撮影。 Google・メルカリ・ゴールドマンサックス・バークレイズ証券は23時になってもまったく、明かりが消えないですね。 給料は良いかもしれないですが、ハードワークが必要な企業ですね。
2018.12.01
サービス業

KDDI、DeNA、アダストリアの残業時間

■2018/5/10(木) 17:25~23:50 渋谷ヒカリエで働く人々をタイムラプスで撮影。 DeNAは21~22時くらいには、フロアの電気はほぼ消えていました。暇なのかな。2017年の業績前年比割れしてるし(DeNA2017年度決算報告書:http://v3.eir-parts.net/EIRNavi/DocumentNavigator/ENavigatorBody.aspx?cat=ir_material&sid=92015&code=2432&ln=ja&tlang=ja&tcat=ir_material&disp=simple&groupsid=33859)。 アパレル企業のアダストリア(「ローリーズファーム」、「グローバルワーク」等のブランドを展開している会社)は24時ごろまで働いていました。めちゃくちゃ忙しそう。てかヒカリエにオフィスがあるくらい儲かっているんだな。すごい。
2018.11.27
サービス業

コロプラ・クックパッドの残業時間

■2018/5/10(木) 17:45~23:40 恵比寿ガーデンプレイスで働く人々をタイムラプスで撮影。 恵比寿ガーデンプレイスには、大企業というよりは、成長企業が沢山入っている感じ。成長企業らしく24時頃までガンガン働いていました。
2018.11.26
サービス業

LINE・セイコーエプソンの残業時間

■2018/4/12(木) 18:30~23:20 LINE・セイコーエプソンで働く人々をタイムラプスで撮影。 とにかく、LINEは働きまくりってことがわかる。 23時過ぎてもまったく、明かりが消えないです。 LINEは年俸制だし、ちゃんと残業代とかでるのかなぁ。 ベンチャーっぽい雰囲気が継続中ぽいですね。
2018.11.21
サービス業

Citiバンク・スクエアエニックスの残業時間

■2018/4/5(木) 19:40~23:00 Citiバンク、スクエアエニックスで働く人々をタイムラプスで撮影。 スクエアエニックスは、23時頃には半分くらいが消灯していました。もっとがっつりデスマしてるイメージでしたw ソフトバンクテクノロジーは23時になっても電気はほぼ消えず。 Citiバンクは22時頃にはほぼ全フロア消灯でした。
2018.11.20
サービス業

丸紅・サイボウズ・太陽生命の残業時間

■2017/6/26(月) 20:00~23:15 丸紅・サイボウズ・太陽生命で働く人々をタイムラプスで撮影。 丸紅は23時になってもまったく、明かりが消えないです。
サービス業

オリエンタルランドの残業時間「年中無休で運営しているのでシフト勤務あり」

■2018/8/3(金) 18:45~22:40 オリエンタルランドで働く人々をタイムラプスで撮影。 22:30時点で半分くらいフロアの明かりが点いていました。ディズニーランドはほぼ年中無休で運営しているから、夜遅くまで働いている部署もあるのでしょう。
サービス業

トランスコスモスの残業時間「深夜2時も働き続ける企業」

トランスコスモスで働く人々をタイムラプスで撮影。 26時(翌2時)になっても、1/3くらいのフロアで明かりが消えないです。 下記のリンク先では、ホワイト企業15位なったとのことですが、ランキング順位だけがひとり歩きしてるおかしな状態じゃないかなぁと思います。 東洋経済が考えるホワイト企業ってなんなんでしょう。
サービス業

JAL・JTBの残業時間「23時頃で半分くらい消灯」

2018/5/10(木) 19:00~23:00 天王洲アイルで働く人々をタイムラプスで撮影。今回は、例年就活人気ランキング上位に入っているJAL・JTBを撮影していきました。 JAL、JTBは23時頃には半分くらいのフロアで消灯していました。 JALは飛行機の監視などがあるのでしょうか。(ただ監視は空港などでやりそうな気もします) JTBも同様、23時頃に半分くらいのフロアで消灯でした。
サービス業

リクルートの残業時間「深夜まで働くレベルに、働くのが好きな感じ」

2017/6/1(木) 18:50~23:00 リクルートで働く人たちをタイムラプス撮影。 23時を過ぎてもほぼすべてのフロアが仕事中。 リクルート出身の企業(パーソル、LIFULL、マクロミル、リンクアンドモチベーションなど)が数多くあることからもわかるように、「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」の精神、社員皆経営者主義が根付いているのだろう。