コンサル・シンクタンク

コンサル・シンクタンク

アクセンチュア・ドコモ・グラクソスミスクラインの残業時間

■2018/10/1(月) 21:10~23:15 赤坂インターシティAIRで働く人々をタイムラプスで撮影。 アクセンチュア・ドコモ・グラクソスミスクラインなどの企業が入居してます。 ドコモは22時くらいで半分のフロアが消灯。 気になっていたアクセンチュアは21:30頃で2/3が消灯していました。これは意外な感じがしましたね。 グラクソスミスクラインはずっと明かりついてましたね。 日本だと日用品メーカってホワイト企業なイメージだけど外資だと違うのかもしれないですね。
2018.12.02
コンサル・シンクタンク

ヤフーJAPAN・メットライフ生命・アンダーソン・毛利・友常法律事務所の残業時間

■2018/4/12(木) 19:00~22:45 ヤフーJAPAN、メットライフ生命、アンダーソン・毛利・友常法律事務所で働く人々をタイムラプスで撮影。 ヤフーJAPANは夜は遅そう。 ただフレックスタイム制だし、始業時間が遅いだけなのかも。 週休3日を一部導入しているし、ヤフーは働きやすい職場な方な気がする。少なくとも気概は感じます。
2018.11.22
コンサル・シンクタンク

三菱商事・ブルームバーグLP・デロイトトーマツ・JPモルガン・新日鐵住金・オープンハウスの残業時間

■2017/7/10(月) 18:45~23:10 丸の内で働く人々をタイムラプスで撮影。 日本を代表する企業が集まっている丸の内は、圧巻ですね。 ・三菱商事 ・三菱電機 ・新日鐵住金 ・ブルームバーグL・P ・JPモルガン ・SMBC日興証券 ・デロイトトーマツ ・オープンハウス などなど、が丸の内にオフィスを構えています。
コンサル・シンクタンク

みずほ総研+NTTCom+富国生命の残業時間

■2017/6/29(木) 19:45~23:00 みずほ総研+NTTCom+富国生命で働く人々をタイムラプスで撮影。 みずほ総研は大体のフロアについては22時ごろには電気が消えていた。一部は23時を過ぎても稼働中だが。 富国生命については、やはりというか、撮影開始時点で電気が消えているフロアが大半となり、残業が少ないことが伺える。 NTTComについても、22時の一斉消灯後に再点灯しなかったので、合わせて帰る人が多いのかも。一斉消灯って意味があるのですね、意外です。
コンサル・シンクタンク

日本コムシス・東洋製罐・日本総研の残業時間「22時まで残業」

2018/5/10(木) 18:10~23:30 日本コムシス・東洋製罐・日本総研で働く人達をタイムラプスで撮影。 日本コムシスは22時を区切りにフロアの電気が消えていきました。 ただ、23:30を過ぎても電気が点いているフロアもいくつか有。 東洋製罐も22時を区切りフロアの電気が消えていく感じ。23時にはほぼすべてのフロアが消灯。 日本総研は23時で2フロアくらいが電気点いていました。
コンサル・シンクタンク

大和総研の残業時間「部署によっては24時も超えて業務中」

2017/6/13(火) 18:45~00:00 大和総研で働く人々をタイムラプスで撮影。 夜遅くまで働いているフロアと、早めに電気が消えているフロアの差が結構激しい。 平均残業時間はデータでは少なめだけど、就活際には、行きたい部署の実質の残業時間を、ぜひOBOGに聞いてもらいたい
2018.05.20
コンサル・シンクタンク

野村総研の残業時間「裁量労働制で残業代なし」

2017/6/12(月) 18:51~00:10 野村総合研究所で働く人々をタイムラプスで撮影。 深夜0時を回っても、電気が付き続いているフロアも有り。 また、裁量労働制のため残業代はなし。 深夜まで残業をしてるけど、残業代がでないのは結構つらいものがあるね。 ただ、平均年収が1000万オーバーというかなり高い水準。