スポンサーリンク

仕事を扱ったおすすめ漫画11選

コラム

仕事を扱った漫画や小説は死ぬほど沢山あると思うのですが、
色んな仕事の裏側をみるのが好きなので、結構色んな作品読んでたりします。

就活・転職する上では、世の中にどんな業界・企業があるのかを知っていると、仕事の選択の幅が広がります。今回の記事ではいろんな業界の(少し偏ってますが)作品を選んでみたので、ぜひ参考にしてみてください。
タイトルでは漫画11選と書きましたが、小説とかラノベも入っちゃってます。

あと割とこういう記事だと、仕事扱った漫画をとりあえず纏めてみた記事が多いのですが、これから紹介する作品は、実際私が読んだり観たりして本当に面白いと思った作品だけ選びました。

1.午前3時の無法地帯

デザイナーあるあるが所々に散りばめられていて、凄く良い。
徹夜するからシャワーをマンガ喫茶で浴びる所(流し台では絶対シャンプーしないポリシーあるところとかちょっとわかります)とか、簡易ベッドで寝るとか、割と激務なデザイン事務所の実態をリアルに描いてると思います。
作品自体も本当に面白くて、デザイン業界の事もわかる、一石二鳥作品です。絵柄がお洒落で好みの作品。

2.osaka.sora

osaka.sora
小山健
キノブックス

とにかく面白い。
しかもあんまり知られていない作品だと思うので、みんなに読んでもらいたいなぁって思っているのです。
デザイナーの人って隣の人とこういうやり取りしてるよなぁって本当に思います。

3.ハルロック

起業する人って、たぶん本当にこんな風に、自分の興味で作品作ることから始まって、だんだん周りから凄い、これは売れるよみたいに言われて、メイカーズフェア出してみたりして、で最終的に起業するみたいな、感じなんだろうなって思います。
あとLEDの裏側の配線がごちゃごちゃになっちゃう所とかめちゃ共感したりします笑
良い作品です。電子工作知らない人でも楽しく読めると思います。

4.彼女のひとりぐらし

仕事のことがメインではないけども、フリーランスデザイナーのリアルが描かれているような気がします。
メインとしては独身ひとり暮らしのあるあるが描かれているのですが共感しかないので、フリーランスの実態についても割と正確に描かれているのだと推察してます。

5.なれるSE

なれる!SE 2週間でわかる?SE入門 (電撃文庫)
夏海 公司
アスキー・メディアワークス

ネットワークエンジニア界隈からも人気で、読んでて辛くなるくらいリアルらしいです笑。
私はそこまでネットワークは詳しくないけど、めちゃくちゃ面白く読めました。
最後には必ずスカッとする感じで終わる所とか良いですね。(そこが現実とは違いますが…。)

6.狭小邸宅

狭小邸宅 (集英社文庫)
新庄 耕
集英社

嘘やろって思う描写(受話器をガムテープで固定とか)が多いのだけど、Twitterの不動産クラスタの人たちを見てるとあながち間違いじゃなさそうで怖い。
作品自体は軽い文体だし、サクッと2~3時間で読めます。

7.プリンセスメゾン

「ねぇ、ママ」で文化庁メディア芸術祭を受賞した池辺葵さんの作品。
居酒屋で働く女の子(ここではあえて女の子って言わせて欲しい)がマンションを買うという事を通して、現代社会の空気感がわかる作品。
まぁとにかく不動産販売員の伊達さんが一生懸命で良いのだよね。

8.ハゲタカ

金融の世界、大人な世界だなぁと感じる。
ちょっと大人でエロい感じが所々にあります。
外資系金融企業とかホントにこんな感じの世界なのだろうか。

9.NEW GAME!

アニメがとにかく良い。絵が可愛くて癒されます。
あおばちゃん、めちゃ可愛い。
ゲーム業界ってホントにこんな感じなのかぁ。有識者は解説してほしい。

10.彼女のいる彼氏

サイバーエージェントを舞台にした、社会人の恋愛を描いた作品。
サイバーエージェントってこんな感じなのか!っていうのがとてもよくわかる。
なんか女性の願望っぽいのが色濃くてほんの少しだけ胸焼けする感じがあるのだけど、男性でも楽しめると思います。

11.うつヌケ

人類は社会人になったら必ず会社辞めたいって1回は思うのですが、
同じように、鬱に関しても誰にでも起こりえるので、
少しでも心が健康なうちにこの作品を読んで、そうなった時の対処方法とか、予防方法とか、学んでおくべきだと思います。

おわりに

色んな仕事を扱った作品紹介しましたが、志望する業界があるのであれば、仕事の裏側を知るためには、OBOG訪問して実際働いている人に聞いてみるのが一番正確で、一番手っ取り早いので、OBOG訪問するべきです。

コメント